FC2ブログ
やっぱり保育士
昨日よりも明日よりも・・・
お久しぶりです(^_^;)

いや~~(^_^;) ちょっとサボっているなぁ~。。。と思っていたのですが、
見てみると・・・・・・。。。。

月日のたつのは、早いものです(^_^;)


書いていなかったのは、体調を崩していた、とか書く時間もないほど忙しか
った、とか言うものでもなんでもなく、ただのサボりです・・・。


それで、なぜまた急に今回こうやって書いているのかと言うと、またこれにも
全く理由がなく、気まぐれ!?と言いますか、なんとなく書きたくなったもので
して・・・。

     (それが、「気まぐれ」って言うのですよね(^_^;)

ところで、話しと言うのは、今日の出来事なのですが、夕方子どもたちとあそ
んでいて・・・

自分で言うのもなんですが(^_^;)

それはもう!!ひっきりなしに。。。

「せんせーみてぇ~」 とか 「せんせー こっちきてぇ~」 とか 「せんせー
だれだれちゃんが、よしてくれへん (博多弁では「かたしてくれん」標準語では、
多分「いれてくれない」かな・・・?)」 とか 「どこどこが、いたいー」 とか

                  など、など・・・・。

それは、それは、まぁいろいろな子どもたちが、声をかけてくれるのです(^^)

現役で働いていたころも、しっかりと日々に感謝したり、些細なことにもしっかりと
気付ける感性を持っていないと、と思いながら保育をしていたつもりでしたが、
一旦現場を離れて、また改めて、ちょっと違った立場や、状況で保育というものを
見直してみると、本当に新たな気付きや、喜びがあるものですねぇ。


恐らく現役のころも、子どもたちは今と同じように声をかけてくれていたとは思う
のですが、そのころは、正直「う~~今は忙しいからちょっと後にして欲しい」
「めんどくさい~~~」などと思うことも、多々あったように思います(T_T)

でも、なんだか今のような状況や、立場だと。。。

こんなに、ありがたい、うれしいことはない!!!

      と、思えるのです。。。


なんとも、今日は、すばらしい感謝の一日。。。

この仕事を選んだこと、保育という仕事をさせてもらえることに

      感謝、感謝の一日でした。。。



スポンサーサイト
愛情
昨日の話しの補足のようになるのですが、子どもたちからの無条件の
愛情ということで・・・。


保育をしていて、錯覚してはいけないのは、私たち大人から子どもたち
に愛情を与えているのではなく、愛情を与えてもらっているのは、実は
私たち大人だということです。


どうしても私たち大人は、子どもたちの面倒を見てあげている、とか
愛情を与えてあげている、と思いがちですが、そうではないのではない
かと思うのです。

        と、言うのは・・・。


例えば保育園で、ある子を注意したり、寂しい想いをさせてしまったり
しても、その子たちは本当に心から私たちを許してくれたり、受け入れ
てくれたりします。

また私たちが、いやなことがあって、「保育園に行きたくないなぁ」と
か、あるいは、「自分なんていてもいなくても・・・」なんて考えてし
まっているときでも、子どもたちは、小さな両手ををいっぱいに広げて
私たちを受け止めてくれます。

これは、ほんとに何の駆け引きもなく純粋な愛情だと思います。


私たち大人は、これだけたくさんのものを子どもたちからもらっている
のに、なぜかなかなかな気付くことが出来ず、「与えてあげている」
なんて傲慢な考え方をしてしまうことがあるのでは・・・。


  今度は、私たち大人が子どもたちにお返しするばんでは?
  

 もう充分すぎるほどのものを子どもたちからもらっているのだから。



100円玉
転勤で保育園を異動するとき、ありがたいことにたくさんの保育者の方
や、子どもたちから手紙やプレゼントをもらった。
それは今でも、大切に保管していて、自分にとって一生の宝物だ。

その中でも、すごく思い出深いプレゼントの中に「100円玉」がある。

それは私が前年、年長で担任になり見送った小学一年生の子が、わざわ
ざ私に会いにきてくれて、その子が私に向かってぶっきらぼうに手に握
り締めた「100円玉」を渡してきた。「やる!」っと言って。。。
 
そのときは、イマイチ状況が飲み込めず、また現金だってこともあっ
て、「ん?これはいかん。いかん。かえさなくては!」って思いその
子の後を追っていると、母親から「○○が、先生にあげるって、ちょ
っとおやつを買うのを我慢してこの間からとっていたみたいだから、
もらってあげてください」って言われた。


「ガーン」って感じだった。


他の人たちから見たら、何の変哲もないただの100円玉だが私にとって
は、他の100円玉とは全く違う光り輝く100円玉なのです。

この100円玉も、子どもたちや、保護者の方からの手紙やプレゼントと
同じように、大切な大切なものなのです。


この仕事をしていると、普段では味わうことの出来ないステキな出来事
や、贈り物をたくさんいただく。

私も、もらうばかりではなく、少しでも周りの人が温かくなれるような
ものを送れる人になりたいなぁ。

テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記



プロフィール

henro0403

Author:henro0403
henro
大阪から、2008年7月に三重に移住
36歳
保育士を10年経験(^^)
和太鼓大好き
TAカウンセラー2級
ゲシュタルト療法
PC勉強中。。。
歩き遍路 一周(40日間)

保育の仕事に関わってきて、たくさんの保育士さんたちと出会ってきました。その中で、保育を取り巻く現状、保育士さんたちの悩み・・・。
子育てをする家庭への支援はいろいろな方々が取り組もうとしているのだが、その現場で働く保育士さんたちの支援というか、バックアップなるものがあまりにも乏しいと感じます。それで、少しでもいろいろな悩みを抱える保育士の方々の助けが出来ればと、考えています。

アフィリエイト・SEO対策



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



ブログ内検索



リンク


  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する



    参加ランキングサイト

    ブログランキング・にほんブログ村へ



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    RSSフィード