FC2ブログ
やっぱり保育士
昨日よりも明日よりも・・・
なつかしい顔

すご~く ご無沙汰してます(笑)


まぁ、いつも心の片隅には、ブログ書いてないなぁ~~。。。

          と

思う日もあるのですが。。。



さぁ!そんなことはさておき。。。。



先週の日曜日の話なのですが、私を育ててくれ、また、私の
保育の原点でもある、保育園にお邪魔してきました。


まぁ、思い出や、思い入れがたくさんある分、何かといろいろ
あって!? その保育園を移動して以来ほとんど、足を運んだ
ことは無かったのですが、5年ぶりぐらいに行ってきました。


それは、私が5歳児の担任をして、小学校に送り出した子たちが
この3月で、小学校を卒業し、4月から中学校に行くので、その子
たちの同窓会ということで。。。



行くまでは・・・

子どもたちはもう6年生だし、そんなに集まらないやろなぁ~~。。。
三重からわざわざ行くのちょっとめんどくさいなぁ~~。。。


なんて、思っていたのですが。。。


行ってみると、なんと8人も集まってくれていました!!


もう5年近く会っていなかったので、初め顔を見ても

    「ん!???」

ってな感じでしたが。。。


話していくうちに。。。


  「あぁ~~~。。。変わってないなぁ~~~」


って思えてきて。


もちろんずいぶん成長してて、身体も大きくなってて
見た目には、かわいいって感じじゃなくなってきてたのですが・・・



やっぱり、かわいくて、愛おしいなぁって思いましたわぁ。



これから先、この子たちの人生。 

 楽しいこと、つらいこと、うれしいこと、かなしいこと・・・


たくさんの出来事があると思いますが、その一瞬にでも自分が関われた
ことを 改めてうれしく思いました。


そして、これから先の彼 彼女たちの人生が、とても有意義で、すばらしい
ものになることを 祈ります。


素敵な一日を ありがとう。




スポンサーサイト
子どもたちに会いに(^^)
以前私が担任をしていた子どもたちが、先週の金曜日から
滋賀の琵琶湖に一泊で、キャンプに行くことになっていたので、
相棒にムリ言って、作業を金曜日から休ませてもらっていました<(_ _)>

この子どもたちは、3歳児さんの時に私が担任をしていた子どもたち
で、保育士として、最後の担任を持った子どもたちだったので、かなり
想い入れが強かったのでした・・・。

いや~。。。

やっぱり子どもたちは、かわいいですねぇ(^^)
たまりません!!

3歳のときから、すご~く成長していて、やはり子どもの力というのは、
すごいなぁ~。。。と関心する反面。 しぐさや、基本的な性格のような
ものは、やっぱり変ってないなぁ~(^^) なんて思ったり・・・。

それはもう、びっくりするぐらい!楽しくて、嬉しくて、幸せな時間を
過ごすことができました。

いきなり行って職員や、スタッフの方には、すご~く迷惑をおかけしたと
思いますが、みなさんやっぱりいい人たちばかりで、こんな私でも、暖かく
迎えてくれました(^^)

感謝、感謝です。。。


        2008.びわこ 001
        琵琶湖キャンプの様子です(^^) 最近、散歩することすら厳しく
        なってきている状況の中、こんなに大々的にこの歳で、キャンプが
        できるということは、子どもたちにとっても、すごくいい経験になる
        のではないかと思います。

        2008.びわこ 092
        こんなステキなイベントは、いつまでも続いてほしいですねぇ(^^)


あ!! この2日間。。暑いさなかがんばってくれた「相棒」にも、もちろん
感謝です。。。


ちなみに私は、この3日間は、三重→滋賀(琵琶湖)→大阪→三重
と、湖で泳ぎまくったり、バイクで移動したり・・・。おかげで、真っ黒
に焼けましたぁ~~。

やりたいことが、いっぱいあり、それを少しずつでも、行なっていける!(^^)!
そういうことができる今の自分の状況は、本当に贅沢で、幸せなことだと
思います(^^)

毎日が楽しく、幸せで、感謝、感謝の日々です。。。



ふと・・・

ここ最近、急に夏になり、うだるような暑さが続いて
いますが・・・。

今からこんな感じだと、真夏はどうなることかと。。。(^_^;)

この暑い中、家の前の幼稚園の先生!?方たちが、
なにやら、ダンスの練習をされていて。。。

ふと、私もこの時期の保育所でのことを思い出して、
いたのですが・・・。

まぁ、保育士さんたちは、忙しくない時期というのは、
ほとんどないのですが、この時期は特に

「夏祭りだ」 「プールだ」 年長さんは「キャンプだ」と
それはそれは、忙しい時期なのです。

この急激に気候も変り、体力も奪われる時期のこの
忙しさは・・・ 

さすがに、私もなかなかしんどいとものでした。

子どものため!! と思って、いろいろ企画するのは、
いいのですが、やはり、自分たちの健康、はたまた
幸せ(プライベート)があってこそ、人(子ども)にもや
さしくできるのだと思うので、難しいとは思いますが、
あまり無理をなさらぬよう(^_^;)


ん~~ そのためにも、憩いの場所となる我々のカフェを
一日でも早くオープンさせないと・・・(^^)

気持ちは、あせるばかりです・・・

あら?? 私が、バタバタしてますか!?(^_^;)


お疲れ様・・・


私が、保育士になったばかりのときに、随分とお世話になった保育士の方が
今年度で、辞めることを決められました。。。


この一年間、随分と悩み倒した上での決断でした。


私から見ても、彼女はがんばりすぎていて、心身ともにかなり疲れきってい
る様子だったので、私も辞めることを進めていました。


なのに、いざ「辞める」と言うことを聞いたとき、複雑な思いになりました。


    勝手なものです・・・。。。


もちろん彼女の身体や、心の状態を見ていると、本人の為にも今すぐにでも
辞めるべきだとは、思っていたのですが・・・。


なんだか、また一人現場から、保育ということに信念を持って働く人がいな
くなってしまうのかと思うと。。。


        残念で仕方ありません。。。


ただ、これが、今の保育園(もしかしたら学校も?)の現状なのではない
かと感じます。


こういったこと、危機感を感じながらも、何をどうしていったらいいのかわ
からず、ただその状態を見ているだけの自分に もどかしさを感じてしまい
ます。



彼女には、心から

       ~お疲れ様~

  そして・・・
 

  ~これからは、自分の人生を思い切り楽しんでください~


                     と・・・。


お願いなのです・・・


もしかしたら、以前も同じようなことを書いてしまったかもしれませんが。


保育中に、子どもたちに背を向けて作業したり、職員同士しゃべり続けるの
は止めてもらいたいです。。。


確かに、大切なことで、どうしても保育中に職員同士伝え合わなければなら
ないことはあるのですが、それが、仕事中であるなら、簡潔に、端的に伝え
るようにしていくのは、当たり前のことだと思うのですが。。。


かなりの確立で、子どものロッカーの上の棚で、完全に子どもたちに背を向
けて作業したり、目の前に子どもたちがいるにもかかわらず、職員同士ダラ
ダラとしゃべり続ける人がいるのです。。。


恐らく現場で働いたことのある方で、このブログを読んでくれている方なら
私のこの怒りが、わかってもらえるのではないかと思うのですが・・・。


確かに保育士さんたちが、多くの仕事を抱えていて、忙しいのはわかるので
すが、今回ここに上げたような方々には

 
   お金をもらって仕事をしている=プロ(保育のプロ)

      
と言う自覚を もう少し持っていただきたいのですがねぇ。。。


カフェでは、仕事に疲れた保育士さんたちを 助けることも、もちろんして
いきたいとは思いますが、、、

こういった方々には、少しずつでも「保育ってどうするのだろう」みたいな
ことを 一緒に考えていけたら、いいなぁと思います・・・。


笑えない・・・

保育園で、お迎えの時間のことですが、私が最終(保育園が閉まる時間)で
のこと。。。

20分ぐらい前に、親は迎えに来てくれていたのですが、子どもはまだ、帰り
たくないようで、あそんでいました。  それはそれで、多少はしょうがな
いとは思うのですが・・・。

保育園が終わる時間になっても、あそんでいて、しかも、違うおもちゃを
出して欲しいと親に要求する始末。。。 そしてもちろん、親はその要求
どおりに・・・。


いくらなんでも・・・。それはちょっとどうかと思う。。。


ただ、本当に最近こういった人は増えてきている。


例えば、ん~~。。ちょっと違うかもしれませんが。夕方全体で紙芝居など
を 読んでいるとき、お迎えに来た親が・・・

    戸を  
    
          バーーン!!

          
    と開けて
 
 
          ドカドカドカーー 
 
                       と入ってくる。

私なんかは、心の中で「まったくーー いったいどういう神経を」なんて
思うのだが・・・。

今度は、その人が職員と大声でしゃべりだす・・・。


             ん!?


           あれれ?? 


      なんとその職員も、大きな声で・・・???



なんてことが、結構多くて。。。  もしかして、こんな風に思っているの
は、私だけなのか!?


こんなことは、私にとっては、言われなくても染み付いている「普通」とか
「常識」だと思っていたことなのですが。。。(^_^;)


なんだか、最近わからなくなってきてしまいます(T_T)


確かに、「常識」なんてものは、その時代時代の多数決みたいなもので、自
分が、「非常識」だと思っていたことでも、その時代の圧倒的多数の人が、
「常識」だと判断してしまえば、それが「常識」になってしまうのでしょう
が・・・(T_T)


なんと言いますか、時代時代で変るものはあっても、最低限(何が最低なの
かもあやしいですが・・・) 変らないものもあるのではないかと思うので
す。。。


こういうと、言い過ぎかもしれませんが、今書いたような「バーン・ドカド
カー・わーわー」(^_^;)みたいな人に限って、マンションの隣がうるさいと
か、除夜の鐘の音がうるさい なんていうようなことを 言い出すような気
がするのは、私だけでしょうか・・・。

さすに「笑い」を モットーとしている私も、こういったことでは、全く笑
うことはできないのです・・・(T_T)


これを読まれている皆さんは、私のように思うことありませんかぁ・・?


そういえば、このおいさん!?(^^)も、最近 「常識」について書いており
ましたねぇ(^^)



クリスマス会
昨日、以前勤めていた職場で、クリスマス発表会のようなものがあった
ので、久しぶりに訪ねてきました(^^)

そこで感じたことを ちょっと書こうかと思ったのですが。。。

ん~なんだか、職員はすごく疲れきっているし、子どもたちは・・・。

思うことはたくさんあったのですが。。。


ただ、そのなかで、子どもたちが、合唱で一生懸命に

   「信じることをやめないで~~」
   「夢をあきらめず~~」
   「ぼくたちは何でもできる~~」

なんて歌を歌っている姿を見ていると、なんだか本当に心のそこから、
その今、あなたたちが歌っている、歌の歌詞のように育って行ってほし
いと思うと同時に、そんな世界になってくれたらいいのになぁ。と強く
感じました。

夢や希望は必ずかなうこと、人は信じるに値すると言うこと、世の中は
愛にあふれていると言うこと、そんな世界に・・・

今その歌の歌詞が、はっきりとわからなくても・・・。


そして、その子どもたちのまっすぐさ、純粋さにちょっぴり泣けてしま
いました。


そして、私たち大人が、少しでもそんな世界に近づけるように努力して
行かないと。。。



テーマ:人それぞれの生き方 - ジャンル:日記

ポケットの中


子どもたちのポケットの中は、まさしく秘密の場所だ。

小さな石を見つけては、それが光り輝く宝石のように見えたり、どんぐ
りを見つけては、なんともいえない宝の粒のように見えたり・・・

子どもたちは、それをせっせとポケットの中にしまいこむ。


はたまたは、家からこっそりとカードや、キーホルダーなどを隠し持っ
て来るためにしまいこむ場所だったりと・・・(^^)


子どもたちにとっては、ポケットってそんな魅惑の空間なのではないか
と思います。

恐らく子育てをしている親御さんたちは、このことはよくわかられると
思うし、何度か洗濯などをして「あぁ~~」っと言うような目に合わさ
れたことがあるのではないでしょうか(^_^;)


私にとってのポケットは子どもたちほど、すばらしいものではないに
しても、時折子どもたちが見つけた大切なものを その子がそっと私の
ポケットに入れてくれたりして、なかなかいいものなのです(^^)

この間などは、例の和太鼓の練習のために着替えていると、ジャージの
中から、どんぐりが ころころころ~~  と。

「あはは。保育士をしているもので」 なんて言うと。

「いいお仕事ですよねぇ~」 なんて言われたりして(^^)



ところが!! この間家で、洗濯をしようと念のためジャージのポケッ
トを確認すると!

      ん!? ハンカチのようなものが入ってる??

    取り出してみると、
       なんと子どものパンツが!!!


しかも、3歳児ぐらいの女の子のパンツがぁ~~~。。。

慌てふためいて、一人で必死に言い訳してしまいました。

「トイレに連れて行くときに、予備に入れてた・・・」
            とかなんとか・・・・。。。。


もちろん周りには、誰もいないのですが(^_^;)


あれ??  子どもにまつわる「ポケットのいい話」みたいなのを書こ
うと思っていたのに、なんだか私の「危ないポケットの話」見たいにな
ってしまった・・・・。



集中力


最近の子どもは、集中力がない。  なんてことをよく耳にしますが、
保育の現場にいると、果たして本当にそうなのかなぁ。と思うことがあ
ります。

というのは、保育の時間(自由にあそんでいる時間)が、すごく細切れ
に区切られ過ぎているように感じるのです。

なんと言いますか、やっと子どもたちのエンジンがかかってきて、あそ
びが盛り上がってくると、次は○○をする時間だとか、お片づけの時間
だとか・・・。

これでは、せっかくこれからもっと、もっと・・・。と言う思いが、かなり
削がれてしまいます。。。

 
それともう一つは、子どもたちよりなにより、大人たちのほうが集中力
がないのでは・・・?


例えば、せっかく一緒にあそんでいても、先にあきてしまうのは、大
人なんですよねぇ。


確かに忙しくて、バタバタしてしまい、ゆっくり腰をすえて一緒にあそ
ぶ時間を確保するのは難しいかもしれませんが「難しい難しい」「忙
しい忙しい」と言ってそれをしなければ、落ち着いた雰囲気の中で、子
どもたちとゆったりとした安心できる関係は築けないのではないかと
思うのです。

ましてや、子どもたちに集中力をつけさせるなんて!!


子どもたちは、楽しいこと、自分の興味のあることだったら、こちらが
びっくりするぐらいの集中力を発揮します。


保育士や、周りの大人たちが、子どもたちの集中力が充分に発揮
できるような環境作りを 心がけていくことが大切なのではないで
しょうか?


それにはまず、私たちがしっかりとした集中力をつけないと。。。


感謝

今日は久しぶりに元職場の人、二人に会ってきました。

一人は、今はその職場を辞め新しい道を模索してる人。
もう一人は、今もその現場に留まりがんばっている人。

辞めて新しい道を模索してる人は、今は、「食」というところから保育園を
見つめなおし、いずれは、「食育」をしっかりとしたテーマにもった保育園
をつくろうとがんばっておられます。。

そのために、今はいろいろと勉強していて、食だけだけに留まらず、環境問
題にも・・・。と、さまざまな方面にも目を向けられています。


そして、もう一人。未だに現場でがんばっている人は・・・。 案の定苦し
んでおられました・・・。 

 子どものこと、保護者のこと、職員関係のこと・・・。



確かにもともと、今日あった二人のうち、辞めた方は以前からすごく前向き
だったとはいうものの、よりいっそう前に向かって、楽しんで進んでいって
いる感じがしました。 すごい!! 

ただ、やはり気になったのは、今もその職場に残って現場でがんばっている
人が、すごく疲れきっているのには。やっぱりか・・・。 と言う思いと、
なんで!!という思いが入り混じって複雑になってしまいました。

彼女は本当に子どものことを第一に考えていて、私の信頼できる保育士さん
の一人なのですが、そういう人に限って・・・。


やっぱり!!保育士支援センター必要だぁー、って強く感じました。


ただ、私にとっては、足元(現場の思い)をしっかり見ながら、前(未来)
も見据えて行動しないと!! と思える、貴重な時間でした。


   お二人とも応援しております!!

    ステキな一日をありがとう!!



テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記



プロフィール

henro0403

Author:henro0403
henro
大阪から、2008年7月に三重に移住
36歳
保育士を10年経験(^^)
和太鼓大好き
TAカウンセラー2級
ゲシュタルト療法
PC勉強中。。。
歩き遍路 一周(40日間)

保育の仕事に関わってきて、たくさんの保育士さんたちと出会ってきました。その中で、保育を取り巻く現状、保育士さんたちの悩み・・・。
子育てをする家庭への支援はいろいろな方々が取り組もうとしているのだが、その現場で働く保育士さんたちの支援というか、バックアップなるものがあまりにも乏しいと感じます。それで、少しでもいろいろな悩みを抱える保育士の方々の助けが出来ればと、考えています。

アフィリエイト・SEO対策



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



ブログ内検索



リンク


  • 管理者ページ
  • このブログをリンクに追加する



    参加ランキングサイト

    ブログランキング・にほんブログ村へ



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    RSSフィード